FC2ブログ
アスパラ・ソバージュの宴
 2013.06.08 Sat
written by Dr.Albert
アスパラ・ソバージュの宴

th_Paspr414.jpg

th_Paspr419.jpg

th_Paspr424.jpg

小生がこよなく愛する「魂のシェフ」橋口シェフのお店で今、劇的な「旬」でありますアスパラ・ソバージュの料理を釣行チームHSBの会長と現在釣果3タコ中であります、副会長のT口氏らを交えて5人で「アスパラ・ソバージュの宴」を賑々しくもカシコクも開催してみました。。。w

流石に橋口シェフの料理は申し分ありません。

「普通に美味しい」のです。この「普通」と言うのがメチャクチャ難しいです。
料理の味の感想ほど難しいモノはありません。「百聞は一見にしかず」なのでぜひ、興味のある方はレストラン「ボナペティ」までお運びくださいませ~。。。w

素敵な料理と素敵な友人達とワインでワイワイ!!これ以上の食事はありませんです。
橋口シェフ、ありがとうございました。w

本日は週末、土曜日でございます。休日の方もいらっしゃると想います。

みなさま、お疲れさまでした!!

ゆっくりお休みくださいませ~!!
スポンサーサイト



10:42:11 | 美味かもん探求 | comments(0) | trackbacks(0)
そば処「越峠」にて「鳥刺し」を頂く。
 2013.05.02 Thu
written by Dr.Albert
そば処「越峠」にて「鳥刺し」を頂く。

th_Pkoedo428.jpg

th_Pkoedo430.jpg

th_Pkoedo432.jpg

th_Pkoedo434.jpg

先日、親子3人で神奈川県伊勢原市に乱入した際にそば処「越峠」賛にも当然の如く、懐かしい乱入による突入を敢行してみました。

35年の時を経過して商いをされる場所は変わっておりましたが其の当時、試験が終わった昼下がりや、土日のお日様がまだ高い時分から頂く、般若湯と「鳥刺し」が極上極まり無く、だいぶヘベレケに成り下がった頃に「セイロ大盛り!!」を食す。と言うおよそ学生とは思えない不埒な所業をここ、「超峠」賛で悪友ハジメちゃんやヨメやキヨシと賑々しくも粛々と(お蕎麦屋さんですのでお行儀良くですね。w)敢行しておりました。

ちょうどお昼を回った頃にAMS(アトツギ・マイ・サン)の二次試験が終了したので「時合い佳し!!(何が時合い良し!なのか不明ですがその時はそう思ってみました。w)」と直感しまして「越峠」さんに久方ぶりにお邪魔してみました。

当然の如く般若湯は「八海山」に鳥刺しを注文し、「後からセイロ大盛り!!くださ~い!!」と叫んでいる小生がおりました。w

出て来た「般若湯」と「鳥刺し」で35年の空間があっという間に埋まって行くのを体感したのでした。

近いうちに、また、アズ・スーン・アズにでも再乱入したいと思っております。。。w

みなさま、ゴールデン・ウィーク後半戦、御自愛下さいませ~。。。w
10:17:19 | 美味かもん探求 | comments(0) | trackbacks(0)
真鯖の一夜干しで一杯。。。
 2013.04.25 Thu
written by Dr.Albert
真鯖の一夜干しで一杯。。。

th_Pmasaba797.jpg

th_Pmasaba831.jpg

th_Pmasaba835.jpg

最近は料理研究家(爆!!)の域に足を突っ込んでいる小生達初老夫婦ですがwついにと言いますか必然的にとでも言いますか?
干物にまで手を出してしまいました。
魚の干物が旨く作れるようになるともう、他の商店の干物は塩っぱくて高価で買う気になれません。。。苦笑

先日、真鯛の干物を豪勢に作りましたので同じレシピで今度は真鯖の干物を作ってみました。

塩する時間を若干、短くしたのですがそれでも真鯖の干物は真鯛の干物に較べると塩っぱく感じられました。

まぁ、真鯖は時期的には脂は乗っておりませんので仕方ありませんが白身の魚の方が青物より塩が入らないのは不思議でした。

お天気のいい日に「干物でも作るか?」的なスローライフは極上でありまして、一夜干しの結果考察にて大好きな日本酒で干物を肴にして「塩の時間をヨメと考察しながら酔う」と言う時間はこの上なく、更に極上であります。

次はつひに薫製作りに挑戦か?爆!!

サーモンの温薫、冷薫で冷酒をあおる、、、うみゃ~だろうね。。。w
10:25:07 | 美味かもん探求 | comments(0) | trackbacks(0)
今年、初!!頂きました!!w
 2012.08.02 Thu
written by Dr.Albert
今年、初松茸!!頂きました!!w

th_P1qw3939.jpg

th_P1t1u162.jpg

th_P11op164.jpg

ひょんな事から今年初の「松茸」頂く事が出来ました。

無論、外国産ですがいつも行っているスーパーの隅っこに申し訳無さげに鎮座ましている「松茸」を発見致しまして1,000円以下で購入出来たので日記ネタになるか?と思いまして清水の舞台から飛び降りるつもりでゲットしました。(それほどではなかったような気もしますが・・・w)

松茸1本なので焼くと見てくれの三分の1くらいに縮小致します。
外国産松茸でも初物に近いので傘が開いていずにソコソコの香りを楽しむ事が出来ました。

当然、松茸の初物ですのでお義母さんとヨメと小生、拙宅で食べる事が出来る人間は50歳以上の人間と限定致しましてHMS(ヘタレ・マイ・サン)みたいな若造には食べさせてあげませんでした。。。(別に意地悪からではありません。。。爆!!)

そうこうしている間にオーブンから懐かしい松茸の香りがしましておもむろに取り出して指で裂きまして松茸をプレパレーションしまして雪駄の50歳以上の人間で食しました。

もうじきお盆が過ぎて「秋」の気配がする頃になると外国産の松茸といえども高価になってきます。土瓶蒸しにお吸い物にと松茸ヤツが八面六臂の活躍をしやがるようになります。

今のうちに心の贅沢をしてみました。w
10:19:05 | 美味かもん探求 | comments(0) | trackbacks(0)
「蜂楽萬頭」今昔物語
 2012.07.31 Tue
written by Dr.Albert
「蜂楽萬頭」今昔物語

th_P1p1q152.jpg

th_P1t1g154.jpg

th_P1w1u153.jpg

上通り、交通センターにあります蜂楽萬頭は創業半世紀以上になり益々、老若男女に親しまれているみたいに感じます。w
先日、クソ暑い時に無性にコバルトと蜂楽萬頭のクロ(クロとシロがありどちらが旨いか常に物議をカモしております。w)を食べたくなりましたのでクルマを走らせまして交通センターにある蜂楽萬頭に馳せ参じてみました。
そうしましたところ、昔のうら若き女性3人が思い思いに過去の自分のデータに照らし合わせて蜂楽萬頭を上手い具合に組み合わせて購入されておられました。w

「流石、長年の経験値から来る蜂楽萬頭の組み合わせだな!?」と感心する事しきりでした。(「クロ3:シロ2とかクロ2:シロ4」など各家庭に見合った絶妙なコラボと言っても過言ではなかったです。w)

まあ、そう言った会話の中に「蜂楽萬頭は熊本のロコな方々から愛されているんだなぁ~」と思わずにはいられず心の中でニヤニヤしておりました。

小生も小学生時代から早50年近く蜂楽萬頭にお世話になっております。
シロとコバルトが大好きだった時代からクロと番茶のコラボが好きな大人に成り下がっております。w

これからも蜂楽萬頭は熊本の蜂楽萬頭ヘッズなロコ達をドンドンと輩出して行くに違いありません。

写真は元気な昔若かったおばちゃまトリオです。。。w
10:19:43 | 美味かもん探求 | comments(0) | trackbacks(0)
| HOME | next

プルダウン 降順 昇順 年別

09月 | 2019年10月 | 11月
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -


データ取得中...

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる