FC2ブログ
クーラー病・エアコン病・冷房病
 2010.08.31 Tue
written by Dr.Albert
クーラー病・エアコン病・冷房病

th_P1000969.jpg

th_P1000968.jpg

th_P1000966.jpg

このところ体調があまり優れずにえらい疲労感や頭痛、むくみにが発症しておりました。風邪にしてはちょっと症状が違うな?と心配になっておりました。

で、「これってひょっとすると冷房病?」と考えました。

連日の猛暑で冷房の中にいる時が多く冷房を切ったら死にそうになるくらい暑い、この涼しいと暑いの繰り返しの毎日が約1ヶ月以上続けば人間の身体にも相当なダメージが来ます。

今年の夏、初めて冷房病を患いました。w

昨日、冷房カットで入眠しましたらかなり前日まであった諸症状は改善されておりました。

酷暑が残るこの季節、皆様もどうか冷房病には十分お気をつけ下さい。
スポンサーサイト



09:36:07 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
使い倒す。
 2010.08.30 Mon
written by Dr.Albert
使い倒す。

th_P1040477.jpg

th_P1040478.jpg

th_P1040479.jpg

我が家が8年前に購入したテーブルセットなんですが相性が良いと言うか、座り心地も、テーブルの木質も小生にとってはまさに「ドンピシャリ!」でございます。

6月末の引っ越しの際に買い替えの案が出ましたが何故かしら、離れがたくリニューアルをすべく北海道までこのテーブルを旅立たせました。w

このテーブルの旅行費が約7万円、リニューアル代が7万円の合計14万円位かかりましたが他のテーブルセットを購入するよりは永年愛着のあるこのテーブルセットで小生達の現役時代を終わらせようと思います。

性格的にひじょうに粘着性な処がありますがこのテーブルセットに関してはこれで良かったのかもしれません。w

とにかく現役生活が終るまでこのテーブルセットを使い倒そうと思っております。

まさにヨメと同じく「一蓮托生」でございます。w
10:16:02 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
旨いチャーハンを求めて。。。
 2010.08.28 Sat
written by Dr.Albert
旨いチャーハンを求めて。。。

th_DSCF2548.jpg

th_DSCF4221.jpg

th_P1030079.jpg

th_P1040950.jpg

小生の家族は無類のチャーハン好き家族であります。

一昨日の午後の休みを使いまして小生一押しの「北熊ラーメン本店」のチャーハンを求めて春日7色八番地から竜田の先の楠(楠木正成と関係あるのかわかりませんが「くすのき」と言う地名です。)まで約1時間をかけて行った訳であります。。。
ところがガチョ~ン、、、定休日でありました。。。泣
しかもここ北熊本店は土日祭日はチャーハンはやってないんであります。。。泣
マジウミャ~のにですね。。。
空腹で膝が崩れ落ちまして脳裏にはAllmannのStormy thursdayが聴こえて参りました。(ここで文章に一部間違いがあります。さて、それはどこでしょうか?w)

そこで上の裏に移転した大甲園に乱入しようと一路、上の裏に車を走らせましたならばここも定休日でありました。。。

おもわず泣きながらDouble trouble(Otis Rush)を口ずさみ、空を見上げましたらSky is crying(Elmore James)が聴こえて来ました。w

で、やっとの事、気を取り直して江蘭亭に家族で乱入する事が出来ましてさっさと中華定食チャーハンバージョンを頂きました。。。

熊本の市内で旨いチャーハンを知っておられる方がいらっしゃいましたら小生に教えて頂きたいです。w
11:14:31 | 食い物調査 | comments(0) | trackbacks(0)
第六回日本ブルース協会月例会御礼です。
 2010.08.27 Fri
written by Dr.Albert
第六回日本ブルース協会月例会御礼です。

th_P1040956.jpg

th_P1040961.jpg

th_P1040963.jpg

th_P1040965.jpg

th_P1040968.jpg

昨夜、ぺいあのさんに20時ちょっと過ぎに参りましたら小生の知らないお客様がド~ンといらっしゃいまして、事もあろうに森下Jinnちゃん達がリハをされておられました。。。(またやられた・・・wと思いました。w)
てっきり3~4人で演奏するのかな?と思っておりましたらドラムにペットとバリサキ?テナーの2管が入ったバンドでした。。。w(ガチョ~ン!!w)

当然のように小生達のバンドの写真はありません。。。

若いLilacさん達の爽やかな演奏は心を和ませて下さいました。二人の若い女性の声はとっても新鮮でした。あそこで弾いてるMMKさん、叩いているダイスケさん、、、マジで羨ましかったです。w
また、オファーするです、ありがとうございました。

小生達と言えば何気にしれ~っと新曲2曲をかけようとしましたが諸般の事情がありましてボロボロの状態になりましたので2曲目はかけきらず来月に持ち越す運びとなりました。。。w
まあ、お客様は完璧な演奏など望んでおられなく、間違ったり、トチったりするのを面白がってくれると思っておりますのでそういった意味では十分にご満足頂けたと思います。。。爆!!
体たらくな演奏、、、誠にすみませんでした。。。w

森下Jinnグループ、ん~っ、面白かったし何より勢いのある演奏が素晴らしかったです。やはり管が入ると華やかになりますね。
10月の定例会もよろしくお願い致します。

以上のような後記になりましたが、あんまり告知しているにもかかわらず盛況と相成りました。

ご来場のみなさまありがとうございました。
10:09:56 | Live | comments(0) | trackbacks(0)
今夜は第六回日本ブルース協会月例会なんです。。。
 2010.08.26 Thu
written by Dr.Albert
今夜は第六回日本ブルース協会月例会なんです。。。 

th_P1030416.jpg

th_P1040129.jpg

th_P1030423.jpg


今夜、2010年8月26日(木)はライブハウス・ぺいあのプラスで第六回日本ブルース協会月例会です。 
御用とお急ぎではない方がいらっしゃいましたらご来場の程、よろしくお願い致します。w

出演バンド
1:Lilac(MMKさん率いるPOPsバンドだそうです。協会初出演です。よろしくお願いします。)

2:森下Jinnグループ(言わずと知れた熊本いえ、九州、西日本を代表するロカビリーバンドのヘッド、森下Jinn師匠が率いるバンドです。いじめないで下さいませ~。。。w)

3:Dr Albert Blues Band(普通のおじさんバンドです。。。w)

そういふ事なのでよろしくお願い致します。

尚、PM6:00~PM9:30までにご来店のお客様はテーブルチャージは必要ありません。

メニュー通りのお値段です。

PM9:30以降にご来店のお客様は勝手ながら、チャージ(おつまみ付)¥1.000をいただいております。
10:41:08 | Live | comments(0) | trackbacks(0)
Jimi Hendrix が掲載されておりました。。。
 2010.08.26 Thu
written by Dr.Albert
Jimi Hendrix が掲載されておりました。。。w

JP-HENDRIX-1-popup.jpg

Hendrix-popup.jpg

25love-450b.jpg


朝起きて気怠い感じでこーふぃぃ~ではなく、うす~い味噌すぅ~ぷを呑みながら、ニューヨーク・タイムス新聞(電子版)をぼ~っと眺めておりましたら敬愛するジミヘン兄貴の事が書かれておりました。ミュージシャンの眼ではなくジャーナリストの眼から見たジミヘン関係の記事はすこ~し違和感がありますが目覚ましの道具にはなります。

以下詳細です。(お暇がある方は呼んでみて下さいませ~。。。w)

A Hendrix Castle Where Musicians Still Kiss the Sky
Just down the street from the hot dogs of Gray’s Papaya, on a row of down-market Greenwich Village shops selling used CDs and a certain kind of glass pipe, 52 West Eighth Street is easy to miss. But a small sign marks hallowed musical ground: Electric Lady Studios.
Enlarge This Image

Founded by Jimi Hendrix in 1970, it was an oddity for its time. Instead of following the usual studio model ― a big, impersonal box tended by buttoned-down staff engineers ― it was a psychedelic lair, with curved walls, groovy multicolored lights and sci-fi erotica murals to aid the creative flow. Hendrix died less than a month after its opening party on Aug. 26, 1970, but he left libraries of tape from his sessions there, and the list of greats who have worked at the studio includes the Rolling Stones, Stevie Wonder and Led Zeppelin.
Something else about Electric Lady has turned out to be unusual: It has lasted. As a group of engineers and producers noted in a 40th-anniversary celebration on Tuesday, most other big-name studios in New York ― the Hit Factory, the Record Plant, Sony Music Studios ― have shut down in recent years, victims of the recording industry woes or simply of real estate pressure, but Electric Lady has defied the odds by staying alive, and staying top-tier.
Eddie Kramer, Hendrix’s favored engineer and a force in the studio’s creation, has a simple explanation for its longevity.
“In a word: vibe,” he said, sitting in a small lounge by the control booth for one of Electric Lady’s three recording rooms. “We wanted to create an environment where Jimi could feel really happy, and feel that he could create anything.”
“It was this womblike, beautiful place,” he added, “where he could feel totally relaxed and create the music he wanted.”
The South African-born Mr. Kramer, whose slicked-back hair, trim goatee and punctilious manner give no indication of his résumé ― working with Led Zeppelin, Kiss, the Rolling Stones and plenty more rock giants ― was celebrating Electric Lady on Tuesday at a panel discussion organized by the Audio Engineering Society. Like Electric Lady itself, the meeting was an example of megafame hiding in plain sight, with men who have recorded some of the most famous and celebrated albums of the last 40 years yet are unknown to the public.
Seated with Mr. Kramer in Studio A, Electric Lady’s subterranean main room ― which still has its original rounded walls and spiral ceiling ― were Tony Platt, who mixed AC/DC’s “Back in Black” there in 1980; John Storyk, the architect and acoustician who designed the studio; and Robert Margouleff and Malcolm Cecil, the synthesizer wizards whom Stevie Wonder recruited in the early 1970s. Among the 80 or so audio professionals there, these famous-to-a-few figures overshadowed two panelists with much broader name recognition: Lenny Kaye, guitarist of the Patti Smith Group, and Janie Hendrix, Jimi’s stepsister.
With sentimentality and a precision appropriate for lifelong engineers, they told studio war stories (Jimi’s amp was there, against the wall; Stevie’s drums went right there); made the audience oooh and aaah with slideshow photos of old mixing consoles; and tried to pinpoint what it was about the place that gives it that all-important vibe. The spirit of the studio’s founder was cited more than once, along with the mix of high-tech equipment and mellow atmosphere.
“All the studios you see today come from being a friendly place to make art,” Mr. Margouleff said, holding back tears. “That was really what came out of this studio.”
For many artists Electric Lady has become a home away from home. The door to the upstairs bathroom has a small hole in it, just big enough to run a cable in there for when Keith Richards wants to cut his guitar parts in the most private kind of privacy. For Jimmy Page the personal imprimaturs of Hendrix and Mr. Kramer made all the difference when Led Zeppelin mixed parts of “Houses of the Holy” there in 1972.
“Eddie Kramer was a damn fine engineer,” Mr. Page said in a telephone interview this week. “If he was going to be working on a studio that had Hendrix’s name, he was going to make sure it was a good place with good acoustics so that musicians wanted to play in that room.”
Yet in the world of recording studios, where time is money and inspiration needs to flow for take after take, even intangibles like vibe have a specific function, and the design approach of Electric Lady has become commonplace today.
Mr. Storyk explained that in addition to the mood lighting, Hendrix called for visionary changes in studio design, like control rooms large enough for artists and engineers to work together closely. Those plans, along with complications like the high water table under the building, made for a protracted and expensive construction.
The studio’s original filing with the Buildings Department estimated its cost $125,000, but it ended up costing about $1 million, said Mr. Storyk, who got the Electric Lady job at 22 and has gone on to design numerous studios and performance spaces around the world.
“For the first time an artist was building a studio,” Mr. Storyk said. “This was happening in a few pockets all over the world, but none more famous than here with Jimi.”
Electric Lady’s artist-friendly innovations ― along with the Hendrix mystique ― have helped it survive in an era when large, all-purpose recording studios are giving way to smaller rooms with narrower focus. Echoing the Electric Lady model, many new studios, like Jay-Z’s Roc the Mic on West 27th Street in Manhattan (designed by Mr. Storyk) are tailored to the needs of a particular client.
Yet Electric Lady also had its lean years. As with most studios, it suffered as advances in technology allowed anyone to make cheap and reasonably high-quality recordings at home. By the early 2000s it had lost its sheen and nearly closed, but after a renovation and a change in management it is thriving again.
Lee Foster, the 32-year-old studio manager, said that when he took over five years ago, he began going through his record collection and inviting Electric Lady alumni to come back. Before long its rates were back up, and the three rooms were always booked. Recent sessions have included Eric Clapton, Coldplay, Rihanna, the Strokes and Sheryl Crow.
To make room for the Audio Engineering Society’s meeting, Mr. Foster said, the studio ended sessions early. But on Wednesday it was back to work, with Studio B booked by Kanye West.
Mr. Kramer is in Studio A this week. He’s mixing a new Jimi Hendrix album, he said, and he looked excited.
09:37:23 | Music | comments(0) | trackbacks(0)
残暑はつらいよですね。。。
 2010.08.25 Wed
written by Dr.Albert
残暑はつらいよですね。。。

th_P1040471.jpg

th_P1040472.jpg

th_P1040473.jpg

今年の残暑はジ~マライツゥ~(マジでツライ)ですね。。。

食欲は鰻重特盛りを喰った時がクライマックスだったみたいでその後、冷たいソーメンや枝豆、トマキューといった軟弱な食べ物に傾倒しだしております。。。苦笑

ゲリラ残暑がひどくて食欲がまったく出ません。。。泣

季節のせいでしょうか?それとも歳のせいでしょうか?元気が出ませんです。。。

とにかく今年の残暑はひどくて各地に災害を振りまいているそうですね。

そんな残暑に登場するのはゴーヤとベーコンです。

ゴーヤを中心とした食に布陣でゲリラ残暑を乗り切ろうと思います。

「今年の残暑、ゴーヤでGO!!や!!(失礼しました。苦笑)」
09:51:43 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
本当にアワビなのか?w
 2010.08.24 Tue
written by Dr.Albert
本当にアワビなのか?w

th_P1040778.jpg

th_P1040779.jpg

th_P1040780.jpg

ヨメが「今日はアワビが安かったので買ってきたわよ!!(得意げな雰囲気でした。爆)」と満面の笑みをwithしつつ帰宅されました。

食卓に出て来た時に「おやっ、随分ちっちぇ~アワビだなぁ~???トコブシじゃにゃ~のか?」と一瞬、二瞬思いましたが、発言はこの場では避けました。
無益な争いごとはしたくありませんもんね。。。w

しかぁ~しこのアワビ、、、安くてしかもメチャクチャ小さかったけど味はしっかりしておりましてまさに「トコブシ」と考えるのが最も適当かとおもいました。w

まあ、何気ない日常ですが「アワビかトコブシか?」で悩めるなんて贅沢なのかもしれません。

日々の暮らしに「感謝」せずにはおれませんです。(しかしアワビではなくトコブシには違いありません。。。爆)
10:32:32 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
一息つきました。。。(上通り「大文字」編)
 2010.08.23 Mon
written by Dr.Albert
一息つきました。。。(上通り「大文字」編)

th_P1040838.jpg

th_P1040837.jpg

th_P1040835.jpg

th_P1040833.jpg

高校野球も終りまして、小生達が愛してやまない九州学院野球部もベスト8という快挙を成し遂げてくれました。

阪神タイガースがやられっぱなしなので精神を治めに上通り「大文字」さんのお好み焼き・焼きそばで生ビールをゴキュっ!としてみました。。。w

山水亭さんの看板に「おかえりなさい熊本へ」という温かい言葉に絆されまして山水亭さんではなくその二階にあります、「大文字」さんにサッサと乱入いたしました。w

イチロー選手が「本日アサヒ本生390円!!」と宣伝しておりましたので1杯だけ注文いたしまして焼きそばと肉玉のお好み焼きを舌鼓をうちながらヨメと食べておりましたところすかさず息子も「大文字」さんに乱入しまして宴会と再び相成りましたけどなぜか達成感を感じまして、「もう、今年の夏も終わりだなぁぁ。。。」と感じ入りました。w

お好み焼きや焼きそばはホッと一息つかせてくれます。。。w

もう、蝉の声が聴こえなくなりました。
10:17:33 | 美味かもん探求 | comments(0) | trackbacks(0)
君の誕生日。。。
 2010.08.21 Sat
written by Dr.Albert
君の誕生日。。。

th_P1040604.jpg

th_P1040605.jpg

th_P1040606.jpg

いえ、ガロ(相当古いw)に出て来る恋愛的な「君の誕生日」では無いんですが先日、めでたく拙宅の愚息が誕生日を迎えまして、たっそがれぇどぉきにぃ~街へと繰り出しました。w

真夜中の街ももちろん好きなのですがこの黄昏時の街、、、何とも言えない雰囲気を持っております。

物悲しさを振り払うかのような赤提灯の灯りがとても素敵です。

このくらいの時間帯から呑み出すとかなり飲めます。。。w

息子もいつかはこのくらいの時間帯の街の雰囲気がいつかは好きになる事でしょう。w

誕生日には互いに酩酊出来ればいいな!と思って生ビールをゴクリとのみました。w
09:57:46 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
ちょっといい話。。。
 2010.08.20 Fri
written by Dr.Albert
ちょっといい話。。。w

th_P1040050.jpg

th_P1040051.jpg

th_P1040052.jpg

一人暮らしのおばぁちゃんが最近はよる年波のせいか気弱になっておられまして、「一人暮らしはこのまま続けられるのだろうか?」と推測ですがおそらくそう思われていたんだと思います。

ところがですね、やはり神様はいらっしゃるものなのですね、お盆休みで家族がおばあちゃんちに集まった時に次男の熊本に住む息子様が「俺が引きとっちゃるけん、かあちゃん一緒に住むバイ!」とマジでおばぁちゃんに言ってくれたそうです。

今朝、そのおばぁちゃんは小生の処へこられまして顔をしわくちゃにされてうれし泣きをしながら「そういふ事だから先生とはさよならせにゃんもんね」と嬉しいんだけど申し訳なさそうに小生に言ってくれました。

明治~昭和初期の昔ではごく当たり前の話なんですが平成の今となってはハートウヲームな話になります。実につりゃ~事です。苦笑

それでもこのおばぁちゃん、本当に良かったです。泪を流して喜んでいる様はまるで子供のようでした。

よかったです。
10:36:22 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
田崎市場の市場寿司。。。
 2010.08.19 Thu
written by Dr.Albert
田崎市場の市場寿司。。。

th_P1040152.jpg

th_P1040153.jpg

th_P1040154.jpg

th_P1040155.jpg


まだ、未乱入ですがランチタイムに田崎市場に行きよったら市場寿司なるものが威風堂々?wとそびえたっておりました。。。w

でっかいお品書きを拝見いたしますと何気に絶対安いです!!w

で、値段的に「このネタは本物か?」と疑ってしまうようなゴ~ジャスでうまそげなどんぶりモノもありました。

近いうちに絶対乱入予定なのですが本日はイケません。。。w

本日は午前11時から九州学院 vs 東海大相模の準々決勝戦が始まりますので診察はホドホドに(ウソですw)しっかりTVの前で超応援をしたいと思います。

勝ったら田崎市場の市場寿司に乱入予定です。。。w イクラ丼1080円は捨てがたいです。w
10:51:38 | 食い物調査 | comments(0) | trackbacks(0)
特上大盛り、久しぶり。。。w
 2010.08.18 Wed
written by Dr.Albert
特上大盛り、久しぶり。。。w

th_P1040785.jpg

th_P1040789.jpg

th_P1040793.jpg

明日の九州学院 vs 東海大相模のため滋養と栄養と体力をつける為、とっても遅い土用じゃなくて木用(このような言葉はありません。。。w)の鰻を食べに行きました。。。

小生は「大盛り」とか「特上」とか言う言葉にメチャクチャ弱くて鰻屋さんに行きましたならばいつも、どんなお店でも「特上大盛り!!」と叫びます。爆

で、いつもの「うなぎの大新」さんに行って叫びました!「特上大盛り!!」って。。。w

そしたら銀シャリてんこ盛りがバシッと!!出て来ました。

まさに「特上大盛り!!」でした。。。

然るに小生、食べきりませんでした。。。泣
この体たらく。。。泣けて来ました。w

マーシャル三段積みを彷彿させる「鰻の大新さん」の「特上大盛り!!」。。。未だ健在です。w
09:59:14 | 美味かもん探求 | comments(0) | trackbacks(0)
敬天愛人、あと3つ。。。
 2010.08.17 Tue
written by Dr.Albert
敬天愛人、あと3つ。。。

th_P1040758.jpg

th_P1040759.jpg

th_P1040760.jpg

愛する九学健児が未だ甲子園球場に踏みとどまっています。

昨日の鹿児島実業と九州学院の試合は手に汗を握る大接戦の末、勝利を勝ち取る事ができました。
直視が出来ずに薄目を開けて観戦しておりました。w

今夏、ベスト8に初名乗りを上げました。大大拍手モノです。

あと3つ勝てば優勝なのですが流石にこの辺にいるチームはどこを見渡しても強豪揃いでどのチームが優勝してもおかしくない状況下です。

負けるにしても歴史に残る様な良い負け方をしてもらいたいですし、そりゃ~もう、優勝に近いところに行ってくれたら何も言う事はありません。

今でさえ、素晴らしい感動をくれた九学ナインにとても感謝しております。

熊本の春日七色八番地かの空から君たちの健闘を応援しております。

『頑張ってそして甲子園を楽しまれて下さい!!』
09:50:51 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
二代目一家、拙宅に里帰りする。。。
 2010.08.16 Mon
written by Dr.Albert
二代目一家、拙宅に里帰りする。。。w

th_P1040829.jpg

th_P1040822.jpg

th_P1040800.jpg

th_P1040798.jpg

今年のお盆は死んだオヤジとおふくろの初盆でもあるので二代目家族が拙宅に里帰りしてくれました。w

感想、、、ヘヴィ~~~wだったです。

ハーフですが息子と二代目、小生と三人でこのクソ暑いのにゴルフに行きましてお盆休み中盤には体力を使い果たしておりました。

さらにその日に家族カラオケ大会(この時は新婚のマツヲ夫妻も強制的に招待しております。爆!!)を賑々しく行いまして腸がねじれる程、笑いました。おしぼり投げもこの夏の良き想い出でございます。。。w

ゴルフではまぁ~、二代目の体力が鬼のようにあるのがよ~くわかりました。。。w
次の日は筋肉痛にさいなまれて動けませんでした。。。w

ただ、息子が二代目になついておりまして振り返ってみると楽しいお盆休みだったと思います。
身体はあちこち痛いですが。。。爆!!

写真の二代目は恐くてその筋の方?と思われるでしょうが普通の人です。w
まえちゃんにマッサージされているのはもちろん二代目でございます。さらに背中一杯に湿布を貼っているのも二代目でございます。良い子のみんなはこういう湿布の貼り方はしないで下さいね。w
09:58:49 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
水深5cm。。。
 2010.08.12 Thu
written by Dr.Albert
水深5cm。。。w

th_P1040762.jpg

th_P1040766.jpg

th_P1040768.jpg

子供はもう、大きくなってしまい、遊んでくれないので御犬様御一行をプールへ招待いたしました。と言ってもMr.マッドMAXにて540円くらいで購入したプチプールに5cmくらい水を貼って水遊びして頂きました。。。w

川や海など好きな御犬様もいますが拙宅の御犬様達はワンちゃんなのにとてもチキンハートで水深5cmでもシビレておりましたが慣れて来ましたら笑顔が出て参りました。。。w

真夏の昼下がりの自宅の庭でのプチプール水遊び、なかなか楽しかったです。w

うちは本日お昼から「お盆休み」に突入します。8月16日から心機一転してまた張り切って営業いたします。

みなさまどうか良いお盆休みをお過ごし下さいませ。
09:46:21 | 御犬様 | comments(0) | trackbacks(0)
夏バテに黒亭ラーメン@力合店
 2010.08.11 Wed
written by Dr.Albert
夏バテに黒亭ラーメン@力合店

th_P1040743.jpg

th_P1040746.jpg

th_P1040749.jpg

th_P1040751.jpg

「鰻とラーメンどっちがいい?」と訊ねましたところ「ラーメンにしましょうか!」とヨメが言ったのでそれならばと思い黒亭ラーメン@力合店に仕事が終わるや否や as soo as 激速攻で黒亭ラーメン@力合店に乱入しました。

あの、獣の臭いがする黒亭のスープには液体になったコラーゲンが山のように豊富に入っており絶対コラーゲンジュ~スよりははるかに人体にコラーゲンを供給してくれると思います。(いささか独特の匂いがありますけど・・・w)

小生はもやし大盛り、ヨメはもやし普通でおにぎりを各1ヶづつ注文しました。

やはり、旨いとしか言いようが無く、ここ、力合店は昭和の時代の黒亭ラーメンの味がします。

迫力があり繊細で独特な風味の黒亭ラーメン、新興勢力のラーメン店とは一線を画します。(これは個人的な感想なので適当に聞き流しておいて下さいませ~。w)

しか~し,小生達は夕飯が入らずカットしました。おかげでちぃ~っとばっかり痩せました。。。プチ儲けました。。。w
09:49:10 | ラーメン探求 | comments(0) | trackbacks(0)
商売道具。。。
 2010.08.10 Tue
written by Dr.Albert
商売道具。。。

th_P1040775.jpg

th_P1040776.jpg

th_P1040777.jpg

小生の聴診器ですがアレン・マーク10と言いまして死んだオヤジから臨床実習が始まる時にプレゼントされたもので約25年位使い続けております。

その間、3度の聴診する為の膜(人体に触れる一番大事なところ)やチューブ等の部品交換をしまして現在に至っております。

で、聴診器の膜が擦り減ってしまい業者さんに「膜が擦り減ったので交換出来ますか?」と聴診器を修理交換に出したところ「もう、この聴診器は作っておらずに膜の交換が出来ません、リットマンの新型の聴診器は如何ですか?」と言われまして渋々リットマンのニュー聴診器を購入いたしました。。。まあ、この時はイヤイヤで購入したんですが使ってみると長年使い続けているアレンの聴診器よりより口惜しい事にはっきり聴き取れるのです。。。泣

こうなって来ると判官贔屓の性格に火がつきます。w リットマンの聴診器の性能をチェックしましてそれを長年の朋友アレン・マーク10の聴診器に移植しましてバージョンアップを計りたいと思います。

問題は(聴診器の)膜の厚さと人体への密着度なので困った時のmada兄貴に相談してみようと思います。w
それとインターネットを駆使いたしまして何とか朋友アレン・マーク10
を復活させてやりたいと思います。

小生がリタイアするまでこの朋友アレン・マーク10を使い倒してやろうと思っております。

(写真:向かって右が朋友アレン・マーク10で左が高性能リットマン聴診器です。w)
10:15:00 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
夢よ、もう一度。。。
 2010.08.09 Mon
written by Dr.Albert
夢よ、もう一度。。。

th_P1040737.jpg

th_P1040738.jpg

th_P1040739.jpg

1985年に阪神タイガースが優勝してからしばらく優勝から遠ざかっておりましたが2003年に星野監督率いる猛虎軍団が優勝しましてから今日、、、『優勝』の二文字が聞こえて来ません。。。頑張ってチョ~ダイ!!(財津一郎風)といつも思っております。

バースや掛布がいた頃の阪神タイガースがひじょうに懐かしいこの頃です。

先日、小生の処の患者様に家宝とも言える1985年阪神タイガース優勝のテレフォンカードを頂きました。
やはり『優勝』の二文字は阪神タイガースに良く似合います。

今年のセ・リーグあとちょっとで首位に立ちそうなんですがライバルの巨人は一流選手を山のように抱えとってまるで米国と日本が戦っているような感じすらあります。

今年は期待しとっていいかな?と思う今日この頃です。w
10:21:41 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
祈!!九州学院野球部初戦突破!!
 2010.08.07 Sat
written by Dr.Albert
祈!!九州学院野球部初戦突破!!

th_P1030288.jpg

th_P1040134.jpg

th_P1040140.jpg

九州学院野球部の主将が抽選番号1を引いちゃったので初日1回戦に松本工業高とあたる事になりました。。。

小生達、本日はお仕事中であります。。。泣 甲子園球場には行けませんでした。。。しかぁ~し、初戦突破したら13日に第二試合がありますので本日の勝利に期待しております。

相手もガチで勝ちに来るし、正々堂々と戦って欲しいものです。

私たちが甲子園球場に行くまで「待っとって~ぇ!!」(差し入れに焼きドーナッツ持って行くから~!!w)

祈!!九州学院野球部初戦突破!!

(注:写真と文章はなんの脈絡もありませんです。ちょっとあるけど・・・w)
10:58:13 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
あっちっちあっち!!ホルモン炎上療法
 2010.08.06 Fri
written by Dr.Albert
あっちっちあっち!!ホルモン炎上療法

th_P1040639.jpg

th_P1040646.jpg

th_P1040651.jpg

th_P1040655.jpg

ひろみGOではないけどもこのところのゲリラ猛暑は「ひどい!!」としか言いようがなくてへばっております。。。

当然、食欲も減退傾向にあるにも関わらず息子曰く、、、「暑い日はホルモン炎上療法しかなかタイ!ホルモンば(この「ば」は熊本弁で標準語の「を」にあたります)喰いに行かんね!」と無理矢理小生達夫婦を拉致しましてホルモン炎上療法道場「本丸」に連行されました。。。w

驚いた事にホルモン炎上療法道場に行ったらこの暑い日にも関わらず結構食べれます。ホルモンが美味しく感じられました。w

無論、息子のオゴリで小生達の勘定でしたが猛暑の折にはホルモン炎上療法は効果的かもしれません。。。w

みなさま、「暑中お見舞い申し上げます」

熱中症などに罹らぬようご自愛下さいませ。
09:47:15 | 焼肉系 | comments(0) | trackbacks(0)
魂の盟友、くろたん。。。再び
 2010.08.05 Thu
written by Dr.Albert
魂の盟友、くろたん。。。再び。w

th_P1040672.jpg

th_P1040697.jpg

th_P1040685.jpg

th_P1040698.jpg

当たり前の話なんですが愛弟島しん宅にお邪魔しますと魂の盟友、フレンチブルの「くろたん」が在宅しております。

彼と再会するのも愛弟島しん宅にお邪魔する楽しみの一つであります。

昨今、犬や猫をはじめとするペットを飼育出来ずに首輪をつけたままで捨ててしまう方がいらっしゃるみたいで殺処分されるペットの数が増加しております。熊本県では2000頭を越えております。

小生達、愛犬家にとってはアリエン話です。信じられん話なんです。

我が家で生活している御犬様を首輪をつけたまま捨てるなんてマジとんでもにゃ~ぁ話です。逆に「なんで捨てんの?」とこちらが訊ねたいくらいです。

どうしても一緒に生活する事が出来ないのであれば里親を捜すとか何とか殺処分されるのを回避するべきだと思っております。

魂の盟友くろたんは体力がある上、体重も10kgくらいはあります。身体全部を使って愛情表現をしてくるのでくろたんと遊んだ後は犬汁(ドッグジュース)まみれになります。爆

それが楽しみで愛弟島しん宅に遊びに行きますので島しん宅にお邪魔する時はボロボロの服で参ります。w

彼の無邪気な笑顔にはいつもやられます、癒されます。ただ、いきなり「耳」をガブッと咬むのは止めて頂きたいといつも言い聞かせておりますが一向に聞き届けてはくれないみたいです。w
09:51:13 | 御犬様 | comments(0) | trackbacks(0)
コラーゲンジュ~ス、977円!!驚!!
 2010.08.04 Wed
written by Dr.Albert
コラーゲンジュ~ス、977円!!驚!!

th_P1040732.jpg

th_P1040733.jpg

th_P1040736.jpg

先週の日曜日にヨメが愛してやまないデパート、「鶴鶴屋」さんに家族三人で出かけました。

普通にデパ地下で雲丹の瓶詰めやらパンやら小生のよそいきのポロシャツを買って頂きました。。。w

まあ、それは日常的で良くある事なんですが「ちょっと疲れたので愛すコーフィィ~でも飲みに茶店(サテンと呼んで下さい:死語です。爆)にでも行こうか?」と提案しましたところ全員一致で鶴鶴屋の中にあるサテンに乱入する事になりました。

そこでヨメが注文したのがコラーゲンジュ~ス、977円だったのです。。。息子曰く「飲むコラーゲンって胃酸で分解されて水と二酸化炭素になるんじゃ?飲むコラーゲンジュ~スって意味ないんじゃ?」とヨメに切り込んでおりました。w
まさにそのとおりでコラーゲンって消化管を通過している際にほとんどコラーゲンとしては吸収されませんので飲んでも食べてもさほど意味はないと小生も思っておりました。

そのコラーゲンジュ~ス、なんと977円もしやがりまして普通のレスカ(レスカ:死語です。爆:レモンスカッシュジュース)でも飲めば良いと思いましたがまあ、小生のポロシャツも買ってくれたのでここで家庭内紛が起こってもつまらないので「ここは一つ、黙認しよう!」と思い、コメントは控えました。。。爆

まあ、家族で和やかな時を共有出来る事でこれはこれで良かったと思います。。。

しかぁ~し、、、いくらなんでもコラーゲンジュ~ス、977円は「高い!!」と思いました。爆!!

写真が問題のコラーゲンジュ~スでそれを待っている時の「お冷や」でございます。w
09:57:18 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
気合いと根性
 2010.08.03 Tue
written by Dr.Albert
気合いと根性

th_DSCF3186.jpg

th_P1040378.jpg

th_P1040448.jpg

気合いと根性という言葉は昨今の日本では死語に近い扱いを受けておりますが小生は「気合い」、「根性」という素敵な言葉は大好きであります。

先日ですが見てくれは汚いペダルをゲットしました。ゲットしたらまず、アンプにプラグインしまして、それからおもむろに当然のように裏蓋をねじ回しで開けまして中身をチェックいたします。w

最初に「音出し」した瞬間に「こやつ、マジで作っとるね!」と瞬間、感じました。裏蓋を開けてみましたらオペアンプは表面を研磨してその上から艶が出るフィルムをコーティングしてありました。またコンデンサーの抵抗も削り取ってありました。。。w

それでいいと思います。自分で丹精込めて作り上げた作品に対する愛情の表れと思ったからです。

昨今の巷のペダル達の中にはこんな素晴らしいペダルの中に価格はメチャクチャ高いくせにヘタレな中身の外面だけカックイイペダルがあります。こういったお金欲しさの輩が居るから本当にマジでペダルを作っている方々が迷惑するのです。

使い手が「こりゃゴイすぅ~!なペダルバイ!!」と感嘆し喜べる本気ペダルは確かに存在すると想いますがなかなか自分にあったペダルを見つけるのは困難です。

ネームバリューと「高価いから良いペダルだろう!」と思うのは止めましょう!!
気合いと根性で作成されたペダル達は値段もそこそこで素晴らしいToneを醸し出してくれます。素晴らしいペダル達に出逢う為にはやはり「気合いと根性」が必要なのかもしれません。w
10:27:22 | Music | comments(0) | trackbacks(0)
オーメンちょぼ、、、覚醒す!!w
 2010.08.02 Mon
written by Dr.Albert
オーメンちょぼ、、、覚醒す!!w

th_P1040659.jpg

th_P1040670.jpg

th_P1040671.jpg


一昨日、愛弟島しん宅にてホームパーチィ~に招待されましたので「はす多」さんのちょぼ焼きをお土産に持っていきました。

そのちょぼ焼きなんですが肉肉肉肉肉肉・麺麺麺麺麺麺・玉子玉子玉子玉子玉子玉子なる肉6・麺6玉子6なる「オーメンちょぼ」をはす多さんに注文いたしまして作って頂きました。w

電話口のはす多の美樹さんは小生のオーダーを聞かれて苦笑されていたように感じました。w

出来たオーメンちょぼはマーシャル三段積みならぬ三段パックで『圧巻』そのものでした。。。爆

ちょぼ焼きも生地の中に肉6・麺6玉・玉子6ヶとなりますとかなり高密度の粉モンになります。
もの凄く「福田流ちょぼ焼き」に肉迫する味になっております。

はっきり言って「濃いいい」です。異種格闘になりますがまさに「二郎系ラーメン」のそれと良く似ております。w

見た目もそうですが、味も「福田流」のそれを彷彿させる「魂のちょぼ」、「オーメンちょぼ」は如何でしょうか?w
09:45:32 | ちょぼ焼き | comments(0) | trackbacks(0)
| HOME |

プルダウン 降順 昇順 年別

07月 | 2010年08月 | 09月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -


データ取得中...

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる