FC2ブログ
迷子の犬かそれとも・・・(捨て犬疑惑事件)
 2010.02.06 Sat
written by Dr.Albert
迷子の犬かそれとも・・・(捨て犬疑惑事件)

th_P1020108.jpg

th_P1020109.jpg

th_P1020110.jpg

th_P1020126.jpg


せっかく 帰れま10でした。。。事件による精神的ダメージ「うつ」と「脱水症」「不眠症」が治りかけて来た頃に昨日、朝の事件が勃発いたしました。。。orz

朝の9時半ころお勝手口のチャイムが鳴りまして近所の患者さまが「シマッさんところの犬じゃないんですか?お宅に入れずにこの辺をウロウロしてましたよ。」と親切にも初老のシーズを抱いて届けてくれました。

うちはポメとパピヨンの2匹だけ飼っているというか飼わさせて頂いてると言った方が強く、いつも癒されておりますのでもし、この二人がいなくなっちゃったらそれこそうちのスタッフも巻き込んでの大捜索が始まる事でしょう。そんな仕事がまったく手につかなくなること必至です。
 間違っても拙宅の御犬様が一人でいなくなる事はありません。まあ、しかしながらせっかく患者さまが親切にこのシーズを抱いて連れて来てくれたので「ご親切、ありがとうございます。うちの犬ではありませんが誰か探しているのかもしれませんのでお預かりいたします。」と預かりました。

しか~し三時間経過しても引き取り手さんからは連絡等なく初老犬シーズは寂しさか全然違った環境下のストレスか?でずっと吠え続けておりました。

うちの近くのマンションは過疎化も進んでおりましてどちらのうちがどんな犬を飼っておられるかは犬好きの間ではすぐ噂になります。そして迷子犬になろうものなら速攻で警察・知人・友人に連絡し、電柱にビラ・新聞に迷子犬の捜索を打ち出します。その間、早い時で1~2日間で一連のアクションは終了すると思います。

拙宅の近くで初老犬シーズを飼育されているご家庭はぞんじあげておりませんでした。しかも「臭かった」です、何日もお風呂に入ってなく体臭と言うより異臭さえ放っている感じでした。

結局、お昼に警察に連絡いたしまして初老犬シーズは「遺失物」の「動物一時預かり」と言う事で三人の警察官の方に連れられて警察に預かられて行きました。一定期間が過ぎれば動物愛護センターに行き、一週間で殺処分になるとの事でした。

犬好きの諸兄にとってはあり得ん事でしょうし、迷子になったらすぐ、最寄りの警察に連絡して初老犬シーズを引き取り、終生こんな事の無いように可愛がってもらいたいと切に願います。

もし、どっか遠方より車で来てうちの近くに初老犬シーズを捨てに来られた方に申し上げたい、「今からでも遅くありませんので引き取りに来て終生面倒を見てあげられませんでしょうか?もしそれが出来ないならばせめてお風呂にでも入れてあげて、里親が見つかるまでお世話して頂けないでしょうか?」動物と共存すると言う事は最後まで、死ぬまで面倒を看ると言うのが大前提です。

人間として最低限のルールはぜひ守って頂きたい、切にそう思います。
10:25:21 | 日記 | comments(0) | trackbacks(0)
comment
comment posting












管理者にだけ表示を許可する

trackback
http://dr335.blog38.fc2.com/tb.php/692-84ff1995
四十九日の法要とレスポールカスタムモドキ・・・w | HOME | 飛行機

プルダウン 降順 昇順 年別

06月 | 2020年07月 | 08月
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -


データ取得中...

このブログをリンクに追加する

この人とブロともになる